住宅ローンの選び方で失敗しない

住宅ローンの申し込みの時期とタイミングを検討する

住宅の購入については、いくつかの種類が用意されていて、それぞれの購入する
物件について住宅ローン申し込みが少し変わることになります。

 

例えば新築の戸建て住宅やマンションなどを購入される方の場合では、
実際に契約を行った後に住宅ローンの申し込みを行うことになります。

 

このタイプの物件の場合では、引き渡しまでの期間が長いケースもあるために、
その期間に各金融機関で本人の都合や予算に適合する住宅ローンを探して
申し込みを行うことが良いタイミングになります。

 

また、中古物件の場合では、比較的引き渡し期間が短期間で済ませる
ことができるために、住宅ローンを利用するタイミングを契約後に速やかに
行うことが必要になります。

 

しかし、中古物件の場合では元々の支払金額が低めなこともあり、
無理することなくローンを組むことが可能なケースが多々あります。

 

土地を購入して、新規物件を注文住宅として購入することを希望されている方の
場合では、まずは土地を購入した際のタイミングでローンを利用することが
一般的になります。

 

その後に住宅を建築し、建物についても別途ローンを利用することになります。
場合によっては固定金利と変動金利を合わせて利用することができるケースも
残されているのですが、金利に関しては日々変動している部分になるために、
素人が判断することが難しい場面があります。

 

この点に関しては各金融機関に存在しているプロの専門家や、インターネット上に
用意されているシミュレーションサイトなどを活用することもおすすめです。